close

si

What is the SI collaboration theme?

積豊建設と積水ハウスによる、
暮らしやすさと
安心を追求した「住まい」

scroll

SEKIHO HOUSE BUILDING

SIコラボレーションの特徴

01

地震大国日本の新しい
住まいづくり
「SI-COLLABORATION」

積水ハウスが永年培ってきた技術と、積豊建設が提供する特別な仕様・設備で、より多くのお客様に安心・安全で快適なマイホームをお届けしたい。この思いの元、お互いの良いところを組み合わせた新たな家が誕生しました。

日本では過去20数年の間に甚大な震災被害に見舞われ、また今後も巨大地震が30年以内に高い確率で発生すると言われています。
積水ハウスがS:スケルトン部分(基礎・躯体)と、積豊建設がI:インフィル部分(外装・内装+設備)を担い、両者の良いところを融合した今までにない「住まいづくりの共演」が、この国にふさわしい安心・安全な住まいを皆様へお届けします。

地震大国日本の新しい住まいづくり「SI-COLLABORATION」
02

SI-COLLABORATION
の特徴

耐震性に優れ、安心・安全な理想の住まいをもっと増やしていきたい。そんな想いで誕生させたのが、
「SI-COLLABORATION」です。
今までにない「住まいづくりの共演」が安全・安心な住まいをお届けします。

SI-COLLABORATIONの特徴
03

「DJ構法」による進化した
耐震性

設計+材料+施工の全てをハイレベルで満たす「DJ構法(ダイレクトジョイント構法)」によって、安心・安全はもちろん、快適な空間づくりを可能としました。

「DJ構法」による進化した耐震性
SEKIHO HOUSE BUILDING

SIコラボレーションの構造

施工:基礎ダイレクトジョイントを採用

地震の揺れをスムーズに逃すには、基礎と躯体が直接繋がっている方が有効です。「DJ構法」では柱と基礎を直接緊結する「基礎ダイレクトジョイント」を採用。
柱と基礎を直接緊結する確かな施工精度が可能にする積水ハウスのオリジナル技術です。

材料:集成材 + 接合金物

構造材には、個体によってばらつきが出やすい“木”の弱点を克服した、JAS認定の「集成材」を採用。さらに接合部には高強度の「接合金物」を使って柱と梁を緊結し、構造材にも接合部にも強度を持つ、強靭な躯体を実現します。

設計:「高強度耐力壁」による強度アップ

構造用合板を一体化させた耐力壁が、面全体でバランスよく力を受け止めます。少ない壁量で高い耐震性が確保できることに加え、設計に自由度が高まりました。
住まい全体の強度を保ちながら、開放感のある空間づくりを実現します。

資料請求はこちら 資料請求 来場予約はこちら 来場予約 無料相談はこちら 無料相談 モデルハウスはこちら モデルハウス